ジャージー牛ってどんなウシ?

image

大山牧場では、ジャージー牛を育成、飼育し、
毎日早朝と夕方の2回、お乳を搾っています。

その牛から頂いた牛乳をベースとして、
美味しいソフトクリームや、パンや洋菓子を販売しておりますが、
そもそもジャージー牛についてご存知でない方も多いのではないでしょうか?

ジャージー牛とは、
イギリスのジャージー島が発祥の、淡い茶色をした乳牛です。

もともと王室用のミルクを作る為に品種改良された牛で、
乳牛の中では最も濃厚なミルクを出す品種です。

乳脂肪、乳たんぱく質の含有量が高く、
濃くて香り高く、味わい深い牛乳として知られています。

しかし、その美味しさとは裏腹に、
体格が小さく、採れる乳量も少なく生産効率が悪いため、
全国で約1万頭しか飼育されておらず、
国内で飼育されている乳牛の約0.7%にすぎません。

香川県で飼育しているのは、当牧場のみです。

当牧場では、餌にもこだわり、
できる限り、自分たちで栽培した牧草を食べさせ、非遺伝子組み換えの飼料を与えています。

そんな貴重なジャージーの牛乳を是非一度
召し上がってみてください。

ご来店お待ちしております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です